株式会社東都不動産 聖蹟桜ヶ丘店

TOHTO
聖蹟桜ヶ丘でお買い物ならファッションビル”OPA”聖蹟桜ヶ丘
聖蹟桜ヶ丘でお買い物ならファッションビル”OPA”  
聖蹟桜ヶ丘駅西口を出てすぐの交差点の向かいにあるファッションビル。1階にスターバックス、上階にはダイソーやAUなどのおなじみの人気店が入っています。 7階に多摩市役所の出張所や図書館が併設されていて便利。
詳細を見る
住所:東京都多摩市関戸4丁目72番地
のどかな休日を過ごす”多摩川河川敷”聖蹟桜ヶ丘
のどかな休日を過ごす”多摩川河川敷”  
聖蹟桜ヶ丘駅の北側に広がる多摩川はのどかな自然を感じられる安らぎのスポット。多摩川に沿ってジョギングコースになっている為、街の皆さんの健康スポットとしても愛される場所です。 一宮公園はスポーツができる公園となっていて、休日には家族で訪れる方やアクティブに汗を流す人たちで賑わっています。京王線の電車…
詳細を見る
住所:東京都多摩市一ノ宮1049
駅前にあるのが便利な”聖蹟桜ヶ丘出張所”聖蹟桜ヶ丘
駅前にあるのが便利な”聖蹟桜ヶ丘出張所”  
開所日 月曜~日曜日 8時30分~17時 休所日 1.祝祭日 (祝祭日が土曜・日曜日と重なる場合は開所) 2.年末年始 (12月29日~1月3日) Tel042-376-8121
詳細を見る
住所:多摩市関戸4-72(ヴィータ・コミューネ7階)
多摩市は都心や空港へのアクセスに便利聖蹟桜ヶ丘
多摩市は都心や空港へのアクセスに便利  
飛行機を利用する場合、空港までのアクセスはどうされていますでしょうか? 車だと駐車場料金もかかるし、電車で移動する場合には荷物を持ちながら電車を乗り継いでようやく空港へという感じで行く前から一仕事。 京王線聖蹟桜ヶ丘駅・京王相模原線多摩センター駅、南大沢駅は路線バスだけでなく成田空港や羽田空港への…
詳細を見る
住所:東京都多摩市関戸1丁目10
首都大周辺のお部屋探しエリア情報南大沢
首都大周辺のお部屋探しエリア情報  
●首都大学東京南大沢キャンパスへ通学する学生さんのお部屋探し 首都大学東京南大沢キャンパスは京王相模原線 南大沢駅のすぐそばにあり、一人暮らしをする学生さんの多くが南大沢駅周辺に住んでいます。 大学キャンパスも南大沢駅も丘陵地の上にある為、賃貸住宅の大半が少し坂を下った場所にあります (緩やかな…
詳細を見る
住所:東京都八王子市南大沢2-1-6
ジブリ映画の舞台へ聖蹟桜ヶ丘
ジブリ映画の舞台へ  
ジブリ映画『耳をすませば』のモデル地としても有名な聖蹟桜ヶ丘。駅前には散策MAPやモニュメントも。駅のチャイムもカントリーロードが聞く事ができます。 西口改札を出ていろは坂までの街並みは映画とそっくり!!是非聖蹟桜ヶ丘に暮らす時には耳をすませば巡りをしてみてください
詳細を見る
住所:多摩市桜ヶ丘1丁目53
休日は参拝客で大賑わい”高幡不動尊 金剛寺”高幡不動
休日は参拝客で大賑わい”高幡不動尊 金剛寺”  
関東三大不動の一つとして構える高幡不動尊は新撰組土方歳三の菩提寺として多くの参拝客が訪れる多摩エリアで人気のスポット。平安初期時代から続く古き歴史のある高幡不動尊には約2万点の重要文化財・寺宝があるそうです。高幡不動駅南口を降りるとロータリー西側には高幡不動尊に向かう入り口として商店街が連なってい…
詳細を見る
住所:東京都日野市高幡733
日野エリアの生活をつなぐ架け橋”ふれあい橋”高幡不動
日野エリアの生活をつなぐ架け橋”ふれあい橋”  
高幡不動駅北口をでて万願寺方面へわたる浅川をまたぐ橋。ドラマの撮影が行われることもあり、見晴らしの良い橋は駅へとつなぐ生活導線になっています。付近には公園やスポーツ広場などもあり、休日などの家族で歩く光景を見ると住環境の良さを感じます。周辺は戸建てやカップル、ファミリー向けのお部屋が多く、閑静な住…
詳細を見る
住所:東京都日野市万願寺5丁目22
高幡不動駅の駐輪場情報高幡不動
高幡不動駅の駐輪場情報  
高幡不動駅エリアは商業ビルの多い南側には駐輪場が少なく、北側の万願寺の居住エリアに住宅が多い為、駐輪場も北側に集中しています。 北第4駐輪場は広さもありますが、多くの方が利用されている駐輪場です
詳細を見る
住所:東京都日野市高幡139
多摩センターエリアの手続きは”多摩センター駅出張所”多摩センター
多摩センターエリアの手続きは”多摩センター駅出張所”  
開所日 月曜~土曜日 8時30分~17時 休所日 日曜・祝祭日 (祝祭日が土曜日と重なる場合は開所) 年末年始 (12月29日~1月3日) 多摩カリヨン館等の設備点検日 (年2回 2月・8月予定) 
詳細を見る
電話番号:042-338-5511
住所:多摩市落合1-39-1(多摩カリヨン館8階)

≪最初 <前 1  2  3  4 次> 最後≫