首都圏住宅設備機器保障共済会

建築企画・提案の流れ

長期にわたり、小額の掛金で、アパート・マンションの設備故障による修理交換費用を保障します。
オーナー様の安定経営をサポートするシステムです。

設備保障共済の特徴【自殺他殺見舞金付】

  1. アパート・マンションの居室内設備の修理・故障による交換を保障
  2. 居室内のみならず、共有部分(自動ドア、受水槽、浄化槽等)も保障
  3. 新築より10年間の長期保障・加入は新築より5年まで可能
  4. 掛金は新築時の年払・月払の3タイプ(損金算入)
  5. 掛金負担は月額 (新築)420円~910円(築7年)/1R(25m2)例
  6. さらに入居者の自殺・事件死に50万円のお見舞金を給付

入居者のメリット

オーナー様の修理許可が必要ないため、突然の設備故障もスムーズな処理が可能!
アパート・マンション経営は長期にわたる資産活用です。一方で、物件の競争力は、時間経過とともに劣化し、設備の老朽化に伴いメンテナンスコストは増大します。

地域密着だからできる豊富で精度の高い情報をもとに、スピーディーな賃料査定やプランニングが可能です。市場調査、企画・提案、賃料査定は無料で行っています。

こんな悩みにどう対処します?

  • 修繕積立金は課税引立て、損金にはならないの?
  • 故障はいつ起こるかわからない。修繕費も高い!
  • 安定経営が一番。メンテナンス費用を平準化したい。
  • 掛金負担は月額 (新築)420円~910円(築7年)/1R(25m2)例
  • 入居者が自殺!内装費用や賃料値下げなど大損害!

設備保障共済が全て解決します!